Japanese

=head1 NAME 
 
Rcmd - Perl interface for R language 
 
=head1 SYNOPSIS 
 
  use Rcmd; 
 
  $rcmd = new Rcmd; 
 
  @result = $rcmd->exec("<R commands>","<next R command>");   
 
=head1 DESCRIPTION 
 
  Rcmd は $rcmd->exec() ファンクションを実行することにより、 
  簡単にPerl にて R 言語編集を可能である為、入力はRコマンドの配列である。 
  ex: 
 
  print $rcmd->exec( 
                  "x_5",  
                  "y_4",  
                  "z_x*y",  
                  "z" 
                   ); 
 
  返される値はいつも配列である。そのため、返された値が一つの場合、 
  値は以下の方法で呼び出せる。 
 
  @val = $rcmd->exec("y"); 
 
  print $val[0]; 
 
  すべての値はグループごとに保存されている。そのため、 
 
    $val1 = $rcmd->exec( "x_5" , "x" ); 
    $val2 = $rcmd->exec( "x"); 
 
  は$val1 and $val2両方の場合にて "5" を出力する。 
 perl変数ももちろん以下の方法にて使用できる。 
 
    $i = 3; 
 
    print $rcmd->exec("y_y*$i","x"); 
 R グラフ強度をアクセスする為には: 
 
  @array = $rcmd->exec( 
                       "postscript(\"/tmp/out.ps\")",  
                       "x_c(1:10)", 
                       "y_c(3,6,3,5,8,0,1,9,2,6)", 
                       "plot(x,y)", 
                       "z_lsfit(x,y)", 
                       "abline(z)", 
                       "y" 
                       ); 
 
  system("gs /tmp/out.ps"); 
 
  #GPL(http://www.r-project.org/)にて S-plusクローン、R言語が入手可能である。